クレジットカードの分割払い

クレジットカードは3回以上の支払になると、分割払いに分類されます。
分割払いは回数を指定して支払っていきます。
10万円を5回の分割にすると、2万円ずつ支払っていけば良いわけです。
毎月の支払負担を軽減できますので、高額の買い物もしやすいでしょう。

分割払いの回数は3回、5回、6回・・・と増えていき、36回までとするクレジットカードが多いです。
最長で3年間ということになりますね。
ただクレジットカードによって対応している回数が異なりますので、確認をしておくと良いでしょう。
中には分割払いができないクレジットカードもあるようですので気を付けてください。

クレジットカードの分割払いのデメリットは、何といっても金利手数料がかかってしまうことです。
手数料はクレジットカードにより異なりますが、18.0%以内となるでしょう。
また分割の回数によっても、金利手数料が変わってきます。
回数が少ないと手数料が少なくなり、回数が増えるにつれ手数料が上がるといった具合です。
だらだらと回数を伸ばして支払っていると、手数料の総額も多くなってしまいます。
クレジットカードの分割はらいはなるべく少ない回数で支払っていくのがおすすめとなります。